(元記事: theleoisallinthemind (mmmmmmmmmyから))

prostheticknowledge:

Bear In Heaven - “Autumn” (Official Video)

High Definition 4K music video with rich low resolution graphics put together by Peter Burr for Bear In Heaven is a trippy experience. Video embedded below (but watch in the highest resolution possible for best effect):

[Link]

(hsmtから)

(元記事: chromeus (mmmmmmmmmyから))

(元記事: davidwerkstatt (hsmtから))

(元記事: olsney (kazukijから))

(元記事: uchibrah (hsmtから))

yuunyo:

夏帆

yuunyo:

夏帆

(hsmtから)

gif-guy:

follow me on google + https://plus.google.com/b/106509481264121810077/106509481264121810077/posts http://gifini.com/
nottv:

1408851463-0614-001.gif
tanashin:

あんたの写真のほとんどがキライだと、特に女の子のが、、、まーだいたい自分でもその通りだなーと思うこともあったけど。でもたまに褒めてくれるのが嬉しかったし、知ってる事がすべてじゃないけど、写真はもちろん音楽や映画の話しするのが好きだったな。よくわかんなかったし、わかんないからそんなに深く話さないのは優しさで、それでも道標じゃないけど、一部になっていることを知る、いま。いなかったことには、なかったことにならないから、、、。

全く言うこと聞かない感情に呆れた。漫画みたいな怖い人や法や公にもたくさん金取られた、追われたし追い込まれたし暴力を前に死なないことだけ祈った地獄は、全部自業自得。。。それで変わったのかと言ったら変わらずで、あがた森魚のデカさに感動して背中越しのストロボ1枚に注意してくるスタッフかなんか知らんがクソな女への瞬間的な殺意に、絶望する。変わんない。。。おとなしくはわからんけど邪魔にならんように気をつけてはいるから、関わんなよって思っても、外は関わってくる。止まらない、ことは知ってるし、もう本当に本当に疲れてるから帰ることに、帰り際の友達の嫁の視線にハッとはしたがしただけで、駅までの歩道もない道を歩きながら口に出しても収めるとこはもちろんないのは知ってるけど止まんなくて同時進行で作られてく憎悪に吐き気がしても止まらない、、ふと今日はいい日なのにと口から出る。グリーンのシートでバックがパンパンだ。何回目かの航空公園はのどかで、カードもフィルムも使えるのがなくなって寝てるしとりあえずiPhoneで撮った。ふるさとが流れてきたので、帰り途中に、楽しくて楽しそうで、泣いた。




振り返ったら、不安な顔に、ようやく落ち着く。

ちゃんと撮れたから、まーいいや。

夏が終わった。車も壊れた。家なし宿なしスタバで寝落ちの毎日。もう今年が終わったことにする。修理どうすっかな。年始から続いた地獄も片付いたし東北の海で写真しかないことを知り男の背中に記憶が音楽が溶けてったのを見た。夜と朝、移動して昼間知らない東京をたくさん撮影した。銭湯に詳しくなったしコーヒーをたくさん呑んだ、から写真が良くなるわけもないけど、いらんものはいらんことはなんもなかった。んかな。。10年経ったからといってわからないことばかりで、だいぶ遠くにきた。
あいつも俺もお前もみんな生きてるんやな、今も。そう、去年毎日餌やってた歩道橋の下の爛れた尻尾の猫が生きてた。からまた毎日餌やる毎日。京王線の終電は0時30分。今日は少し高いのをやろう。

たった一つ残っただけでも、いい1年でした。部屋借りて落ち着こう。ベランダがない明るい部屋。

盛り上がりたいからと言って適当なことは言っちゃダメさ。君を救えるのは君だけ、と、ランタンパレード。音楽はビートや、ビーチサンダル。
明日は妊婦を撮る。

tanashin:

あんたの写真のほとんどがキライだと、特に女の子のが、、、まーだいたい自分でもその通りだなーと思うこともあったけど。でもたまに褒めてくれるのが嬉しかったし、知ってる事がすべてじゃないけど、写真はもちろん音楽や映画の話しするのが好きだったな。よくわかんなかったし、わかんないからそんなに深く話さないのは優しさで、それでも道標じゃないけど、一部になっていることを知る、いま。いなかったことには、なかったことにならないから、、、。

全く言うこと聞かない感情に呆れた。漫画みたいな怖い人や法や公にもたくさん金取られた、追われたし追い込まれたし暴力を前に死なないことだけ祈った地獄は、全部自業自得。。。それで変わったのかと言ったら変わらずで、あがた森魚のデカさに感動して背中越しのストロボ1枚に注意してくるスタッフかなんか知らんがクソな女への瞬間的な殺意に、絶望する。変わんない。。。おとなしくはわからんけど邪魔にならんように気をつけてはいるから、関わんなよって思っても、外は関わってくる。止まらない、ことは知ってるし、もう本当に本当に疲れてるから帰ることに、帰り際の友達の嫁の視線にハッとはしたがしただけで、駅までの歩道もない道を歩きながら口に出しても収めるとこはもちろんないのは知ってるけど止まんなくて同時進行で作られてく憎悪に吐き気がしても止まらない、、ふと今日はいい日なのにと口から出る。グリーンのシートでバックがパンパンだ。何回目かの航空公園はのどかで、カードもフィルムも使えるのがなくなって寝てるしとりあえずiPhoneで撮った。ふるさとが流れてきたので、帰り途中に、楽しくて楽しそうで、泣いた。
振り返ったら、不安な顔に、ようやく落ち着く。

ちゃんと撮れたから、まーいいや。

夏が終わった。車も壊れた。家なし宿なしスタバで寝落ちの毎日。もう今年が終わったことにする。修理どうすっかな。年始から続いた地獄も片付いたし東北の海で写真しかないことを知り男の背中に記憶が音楽が溶けてったのを見た。夜と朝、移動して昼間知らない東京をたくさん撮影した。銭湯に詳しくなったしコーヒーをたくさん呑んだ、から写真が良くなるわけもないけど、いらんものはいらんことはなんもなかった。んかな。。10年経ったからといってわからないことばかりで、だいぶ遠くにきた。
あいつも俺もお前もみんな生きてるんやな、今も。そう、去年毎日餌やってた歩道橋の下の爛れた尻尾の猫が生きてた。からまた毎日餌やる毎日。京王線の終電は0時30分。今日は少し高いのをやろう。

たった一つ残っただけでも、いい1年でした。部屋借りて落ち着こう。ベランダがない明るい部屋。

盛り上がりたいからと言って適当なことは言っちゃダメさ。君を救えるのは君だけ、と、ランタンパレード。音楽はビートや、ビーチサンダル。
明日は妊婦を撮る。

(kazukijから)

cityneonlights:

New York…..

cityneonlights:

New York…..

(3030juanから)

shiroino:

8.30 内田佑朋 - CARPE

(元記事: porn4ladies (hsmtから))

shihlun:

weiyulive:
Sanchong City (三重市) in northern Taiwan hit by the typhoon ’Bess’ during September 1971 / United Daily News (聯合報), 23 September, 1971
01690139b on Flickr.

shihlun:

weiyulive:

Sanchong City (三重市) in northern Taiwan hit by the typhoon ’Bess’ during September 1971 / United Daily News (聯合報), 23 September, 1971

01690139b on Flickr.

(hsmtから)

(kazukijから)